設備を整えるための設備資金

製造業や飲食業では高額な資金の準備が必要となることも

事業資金には様々な種類がありますが、製造業や飲食業などを新たに始める際に、工場や店舗内で生産活動を行うにあたっては、多種多様な機械類の導入に向けて潤沢な設備資金を確保することが重要となります。また、設備の種類によっては新品の購入だけでなく、リースやレンタルを希望することでコストカットを図れることもあります。そこで、予算やニーズに合わせて必要な設備について検討をすることが大事です。最近では、民間企業や自営業者を対象に設備資金に特化した融資のサービスを提供している金融機関も多くあります。そこで、自己資金が不足している場合には、複数の銀行や信用金庫などの貸付金利や借入可能な限度額などを把握することがおすすめです。

将来の設備のメンテナンスに掛かる費用も計算に入れておこう

事業を安定的に継続させるうえで、業種によっては自社内の様々な設備のメンテナンスに掛かる費用について細かく計算をすることが肝心です。たとえば、精密機器や電子機器、調理機器などのデリケートな製品については、点検やパーツ交換、クリーニングの度に費用が嵩んだり、数年おきに買い替えが必要となったりすることもあります。また、設備の維持に最低限必要な費用については、素人にとって把握しにくいこともあるため、定期的に信頼できる金融機関に相談をしたり、経営者向けのセミナーに参加をしたりするのも有効です。その他、予算の範囲内で都合の良いタイミングで設備のメンテナンスをするには、アフターサポートがしっかりとしているメーカーや専門業者にお世話になることも大事です。

ファクタリングを名古屋でおこなうことが可能です。負債を抱えていたり赤字の場合でも、それぞれの状況に合わせて利用することができます。